漫画考察感想

『ドラクエ6』攻略雑感

ゲーム概要

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』は、1995年にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム。

攻略雑感

最速でもやりこみでもなく、ほどほどに効率的な攻略を目指す。

おすすめ職業

まずは共通で覚えさせた方がいい特技・魔法があるのでそれを覚える。

  • 魔法使い★1のメラミ
  • 武道家★3のかまいたち
  • 武道家に進むキャラは戦士★2のきあいため

主人公

踊り子→遊び人→スーパースター→勇者

勇者までの最短ルート。他の上級職を目指すとクリアまでに勇者になれない恐れがある。遊び人の時は馬車に交代。試練その1には踊り封じが役に立つ。イベントでライデインを覚えると強キャラになる。

ハッサン

僧侶→武道家→パラディン(はぐれメタル候補)

高いHPと力を持つ攻撃の要。僧侶の時には炎の爪のメラミで凌ぎつつ、前衛職になればまわしげり、きあいため→せいけんづきで敵を圧倒する。間違いなく強キャラ。また、クリア後にはぐれメタルに転職し、におうだち戦術も有効。

ミレーユ

魔法使い→僧侶→賢者

高い素早さとMPを持つ魔法職に最適なキャラ。命の木の実や守りの種で耐久力を上げるのがおすすめ。

チャモロ

戦士→魔法使い→魔法戦士

自力でベホマ・ザオラルを覚えるので、魔法戦士に育てるとバランスがいい。メラゾーマを覚えてからが本番。山彦の帽子でメラゾーマ2連発が強い。

バーバラ

盗賊→魔物使い→商人→レンジャー

魔法使いにするとHPの低さに衝撃を受ける。耐久力が低く使いにくいので馬車要員として育てる。なので初めに共通で覚えさせる特技・魔法は必要ない。仲間にしたいモンスターがいる場合は先に魔物使いの習熟度を上げてもいい。

アモス

武道家→戦士→バトルマスター

高いHP・力・守りの前衛タイプのキャラ。常に戦力になる職につかせているのでドランゴ加入までスタメン。

テリー

バトルマスター

通称「ドランゴ引換券」。なぜか武道家をマスターせずバトルマスターになっている謎キャラ。加入時期からいって今更この特技では戦力にならない。戦力として育てたことがないので各自のお好みで・・・

ドランゴ

戦士★2(きあいため)→武道家★2(まわしげり) →ドラゴン

職・ステータス共に圧倒的な戦力。まじんのかなづちを装備させ、きあいため→通常攻撃が強い。じっくりいくなら武道家でせいけんづきを覚えさせる。賢者の石を持たせて後回復をさせるのもいい。

おすすめ仲間モンスター

強い仲間モンスターはいるが、クリアするだけなら無理に仲間にする必要はない。唯一必ず仲間にするモンスターだけ紹介する。

スライムナイト

  • 仲間にできる時期:ベッド入手後
  • 出現場所:上アモール南西周辺
  • 魔物使いの必要熟練度:★2

僧侶→ドラゴン もしくは 僧侶→武道家→パラディン

スライム格闘場&ベストドレッサー要員。僧侶でベホマを覚え、ドラゴンの輝く息や武道家・パラディンの強力な特技を覚えさせれば格闘場を制覇することができる。ドラゴンをマスターすれば、雑魚専として活躍もできる。また、ベストドレッサーのランク7はプラチナ一式+ おしゃれなバンダナで勝てる。

おすすめ熟練度上げ

熟練度稼ぎをする時は弱い職(遊び人や魔法使いなど)を優先的に使いたい。

ゲントの村周辺:レベル上限が22。敵が弱い。

モンストル周辺:レベル上限が22。ホイミスライム・くさったしたいを仲間にすることができる。

アークボルト周辺:レベル上限が24。

魔術師の塔:レベル上限が99なので、ずっとここで上げることが可能。

ベストドレッサー攻略

ランク7の景品の賢者の石を入手すると攻略がとても楽になる。

賢者の石:全員のHPを50~60回復する。

ランク6攻略

主人公を踊り子かスーパースターにして以下を装備する。

  • 奇跡の剣:ちいさなメダル40枚 鍛冶屋で鍛える
  • 神秘の鎧:ちいさなメダル60枚
  • プラチナシールド: レイドック(下) さいごのカギが必要
  • プラチナヘッド:ランク5の景品
  • デセオのパス:マウントスノーで入手

ロンガデセオでパフパフしてもらえば、かっこよさを5上げることができる。(先頭のキャラのみ)

うつくし草を何個か使ってステータスが270を超えさせれば優勝できる。

ランク7攻略

スライムナイトにプラチナ一式+おしゃれなバンダナを装備させる。