漫画考察感想

『ドラクエ6』ボス攻略

強敵ボス攻略

どちらかというと装備や特技がそろっていない序盤・中盤のほうが全滅することが多い。なので序盤・中盤で苦戦するボスの攻略を書いてみた。

ムドー(1回目)

  • ミレーユのスカラで守備を固める(特にバーバラ)。
  • 主人公とバーバラはルカニを使う。
  • やくそうは全員に持たせると安定する。

ムドー(2回目:第1形態)

  • 主人公は炎の爪 を使ってムドーを攻撃。
  • ハッサン はゲントの杖で回復。
  • ミレーユ (レベル18 )のスクルト、無ければスカラで守備を固める。
  • チャモロにはやてのリングを装備させ、先制回復か防御。
  • きりさきピエロは最後に倒す。

ムドー(2回目:第2形態)

  • 主人公は炎の爪 を使ってムドーを攻撃。
  • ハッサン はゲントの杖で回復。
  • ミレーユはスクルト・スカラか回復。
  • チャモロは先制回復か防御。

ジャミラス

  • スクルトで守備を固める。
  • メラミの効果が低い。
  • 武道家★3で覚えるかまいたちでの攻撃がおすすめ。
  • ハッサンのとびひさげりも有効。

しれんその1

  • スクルトで守備を固る。
  • メダパニダンスは踊り子★6のおどりふうじで封じる。
  • せいけんづきやかまいたちで攻める。

しれんその2

  • 一人を集中的に攻撃してくるので対象者は防御してスカラを掛ける。
  • マホカンタが掛かっているので炎の爪のメラミを使う。
  • せいけんづきで攻める。

しれんその3

  • 相手はルカナンをかけ続けてくるので2人でスクルトを掛け続ける。
  • もしくはマホトーンで呪文を封じる。
  • かまいたちや直接攻撃で攻める。

ミラルゴ

  • スクルトで守備を固る。
  • ランプの魔人にはラリホーマかメダパニを掛ける。
  • 二フラムやマホトラを使ってマホターンを掛け続けさせる。
  • せいけんづきや炎の爪やかまいたちで攻める。

ダークドレアム(裏ボス)

恐ろしく強いので対策を立てなければ勝つことは難しい。

行動パターン

パターンA:「ギガデイン or 輝く息」→「かまいたち or 突き刺し」→「グランドクロス or Bへ移行」

パターンB:凍てつく波動→メラゾーマ→灼熱→おぞましい雄叫び→早業→Cへ移行

パターンC: 「バイキルト・メタル斬り・ドラゴン斬り・隼斬り・怪しい瞳・Aへ移行」の中からランダム

攻略法

はぐれメタル★8のキャラに仁王立ちをさせ、パターンBの「おぞましい雄叫び」~パターンCはアストロンでやり過ごす戦術が有効。パターンAがループしている間が攻撃のチャンス。

  • スカラは山彦の帽子を装備したキャラに掛けさせる。
  • 凍てつく波動が来たらスカラは掛け直す。
  • 「メラゾーマ」が来たら 「ギガデイン or 輝く息」 が来るまでアストロンを掛け続ける。
  • 敵のバイキルトは凍てつく波動で無効にする。
  • 攻撃手段はギガスラッシュ・メラゾーマ・せいけんづき等が有効。

パーティ例

主人公(勇者)、ハッサン(はぐれメタル)、ドランゴ(ドラゴン)、チャモロ(魔法戦士)

  • ハッサンは常に仁王立ち。
  • 主人公はドランゴにバイキルトを掛けるか、ギガスラッシュで攻撃。 「メラゾーマ」が来たら 「ギガデイン or 輝く息」 が来るまでアストロンを掛け続ける。敵のバイキルトは凍てつく波動で無効にする。
  • ドランゴはせいけんづき(武道家★5)で攻撃。
  • チャモロは山彦の帽子を装備させ、ハッサンにスカラ(僧侶★3)の2回掛け。それ以外はメラゾーマの2連発で攻撃。