漫画考察感想

【ワンピース考察】ルフィとロジャーの夢の果ての内容を予想!!

第966話「ロジャーと白ひげ」で、ロジャーは白ひげとおでんに自身の夢の果てを語っているが、内容は明らかになっていない。

また、過去にルフィはエースとサボに同様に自身の夢の果てを語っているが、これも内容は明らかになっていない。

これはワンピースにおいて大きな謎の一つになっている。

なので今回は、ルフィとロジャーの夢の果ての内容を考察していく。

ルフィの夢の果てとロジャーの夢の果ては同じ!?

ロジャーが白ひげとおでんに世界一周を達成した後のことを語っている場面。

ロジャー「辿り着けば名実共におれ達は世界一の海賊団だ!

そしたら俺はよ・・・!!」

白ひげとおでん「は??」

白ひげ「何言ってやがるロジャー!ガキでもあるめぇし!」

おでん「・・・!」

ワンピース「第966話」より引用

この場面をどこかで見た記憶がないだろうか?

そう、ルフィがエースとサボに自身の夢の果てを語っている場面である。

ワンピース「第585話」より引用

さらに、シャンクスがレイリーに「ロジャー船長と同じことを言うガキがいたんだ。船長のあの言葉を・・!」と話している場面。

ワンピース「第506話」より引用

以上のことから、ロジャーの夢の果てとルフィの夢の果ては同じではないかと推察できる。

ルフィとロジャー の夢の果てとは何か?

ではロジャーとルフィの夢の果てとは何だろうか?

ロジャーとルフィが話していた場面の描写をまとめてみた。

  • その話をすると何を言っているんだという顔をされる。
  • エースは呆れている。
  • サボは「面白れぇな、ルフィの将来が楽しみだ」と言っている。
  • 白ひげは「ガキでもあるめぇし」と表現している。
  • おでんはド肝を抜かれている。
  • ロジャーが世界一周が達成した後のこと

以上の条件を満たすものを考えた結果、私はロジャーとルフィの夢の果ては

宇宙を冒険することではないかと予想してみた。

条件としては、呆れられて予想もできないことなのはもちろんだが、特に『おでんがド肝を抜かれている』ことと、『ロジャーが世界一周が達成した後のこと』に注目した。

まず、おでんに何を言えば一番驚くかを考えた。

おでんはワノ国の外の世界を冒険することが念願だった。

しかしロジャーはその世界のさらに外の世界を冒険すると言ったとしたらどうだろうか?

おそらくそれはおでんに一番刺さるだろうし、そのスケールにド肝を抜かれるだろう。

次に『ロジャーが世界一周が達成した後のこと』という点だが、

まず尾田栄一郎先生の描く理想のヒーロー像について考えてみる。

私はそれが一番如実にあらわれているのが モンブラン・クリケット だと思っている。

モンブラン・クリケットは黄金郷の存在を証明するというロマンを追い続けていた男だが、ルフィに空島に黄金郷が存在することを教えてもらった。

注目すべきは夢を叶えたクリケットのその後のセリフだ。

 次ァ どんなロマンを追いかけようか 」

ワンピース「第303話」より引用

夢を達成して終わりではないのである。さらに次の夢を追おうとしているのだ。

尾田先生の描きたいヒーローは、夢を達成してもさらにその次へと夢を追い続けるヒーローだと思う。おそらく死ぬ瞬間まで。

それではロジャーはどうだろうか?

世界一周を達成したら終わりなのだろうか?

必ず次のロマンを追うはずだ。余命が短いなんて関係ない。

ロジャーなら世界を制覇したら、次はその世界の外に目を向けるはずである。

ちなみにワンピースでは宇宙の話は突拍子もない話ではなく、すでに扉絵で描かれているのである。

「 エネルのスペース大作戦 」より引用

まとめ

今回の考察まとめ。

  • ルフィとロジャーの夢の果ては同じ
  • 2人の夢の果ては宇宙を冒険すること

尾田先生がインタービューで「最後は大宴会で終わりたい」と話していたことなどから、ルフィの夢の果ては「世界中の人達と大宴会をすること」だと巷で言われていたりするが、ちょっとエース、サボ、白ひげ、おでんのリアクションと合っていないと感じた。

いや、おそらく世界政府?をルフィが倒した暁には「世界中の人達と大宴会」的な展開にはなる気がするが。

果たしてどんな「夢の果て」を尾田先生は描くのか楽しみだ。