漫画考察感想

【ワンピース】967話「ロジャーの冒険」最新話ネタバレ考察!!ついにラフテルに到着!【ONE PIECE】

前回のおさらいはコチラから↓↓

第966話「ロジャーと白ひげ」

ロードポーネグリフがある場所

空島から青海に戻ったロジャー海賊団だが、探していたロードポーネグリフがワノ国とゾウにあることを知る。

ワンピース「第967話」より引用

すでにビッグ・マムから奪ったものが一枚あり、ロジャーはもう一つも心当たりがあると言う。

ウォーターセブンに着く

ロジャー海賊団はワノ国に向かう途中に様々な島に寄っているが、そのひとつがウォーターセブン。

そこでロジャーの船を作った船大工トムに会い、再開を懐かしむ。

ロジャー海賊団は、なんとそこでフランキーとも会っていたようだ。

ワンピース「第967話」より引用

フランキーはどうやらロジャー海賊団と会ったという認識はないようだ。

フランキーは海賊に捨てられたと言っているが、今後のストーリーに関わってくるのだろうか。

魚人島に着く

魚人島に着いたロジャーは二つのポーネグリフを見つける。

しかしロジャーはそれよりも空島のポーネグリフに書いてあった海王類を動かす兵器がここにあるのではと、ネプチューン王に尋ねる。

ネプチューンはシャーリー(当時3歳)が予言した海王類が人魚姫が生まれるのを待っているという話と、魚人島には数百年に一度海王類達と対話できる人魚が生まれるという話をリンクさせる。

ロジャーはシャーリーに人魚姫は10年後に生まれるということを聞き出す。

ワンピース「第967話」より引用

この10年後に生まれるというのをロジャーが聞いたのはとても重要だと思う。

映画スタンピードでロジャーが言った「俺たちは早すぎたんだ・・・」というセリフに関わってくるのではないだろうか。

古代兵器についての考察はコチラから↓↓

【ワンピース考察】ウラヌスとプルトンの正体はモモの助とビビだった!?

ワノ国に到着

様々な島を巡り、ロジャー海賊団はついにワノ国の近海までたどり着く。

しかしそこで、トキが緊張の糸が切れたからか倒れてしまう。

船医のクロッカスにトキはワノ国で降りるべきと進言される。

おでん、ネコマムシ、イヌアラシは一緒に降りることを決めるが、トキはおでんがこんな事で止まる様なら離縁を申し込むと言い放つ。

結局、おでんはこのままロジャーと冒険を続けることを決断する。

ワンピース「第967話」より引用

おでんは、ワノ国の豹変に気づいていた。

すでに武器工場らしきものが建っているようだ。

ロジャー達はロードポーネグリフの写しを取り、手早く再び海へ出た。

おでんの4年ぶりの帰郷はわずか数時間だった。

ゾウに到着

ゾウに到着したロジャー海賊団は最後のロードポーネグリフの写しを取った

そしていくつかのリオポーネグリフ4つのロードポーネグリフが揃った。

気になるのはリオポーネグリフはすべてではなくていいのかということと、いつの間にか『心当たりがある』と言っていたロードポーネグリフの写しを持っているということだ。

ついにラフテルへ出航!

4つのロードポーネグリフ からラフテルの場所をつきとめたロジャー海賊団はラフテルに向けて出航する。

ワンピース「第967話」より引用

なんと突然高熱を出したバギーと、看病を買って出たシャンクスはこの出航に同行しなかった。

バギーとシャンクスラフテルに行っていないことが判明した。

ロジャー海賊団がグランドライン制覇!

ロジャー海賊団が前人未到の世界一周を果たしたことが世界で報じられる。

このときからロジャーは海賊王と呼ばれるようになった。

ワンピース「第967話」より引用

『ラフテル』の意味

ラフテルに到着したロジャーだが、おでんの航海日誌ではこう書かれている。

『本当にあった莫大な宝を目の前に、ロジャーはあの時・・・

笑ってた

ワンピース「第967話」より引用

ロジャー「ジョイボーイ、俺はお前と同じ時代に生まれたかった。とんでもねぇ宝を残しやがって。とんだ笑い話だ。」

そしてロジャーは仲間達にこの島をこう名付けよう言う。

Laugh Tale(ラフテル)と」

ワンピース「第967話」より引用

次回へ続く。

『おでんの航海日誌』についての考察はコチラから↓↓

「ワンピース考察」カイドウが雷ぞうを追っていた理由は『おでんの航海日誌』!?