漫画考察感想

『聖剣伝説3』攻略雑感

ゲーム概要

スクウェア(現スクウェア・エニックス)より1995年に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。聖剣伝説シリーズの第3作で、シリーズ最後のスーパーファミコン向けタイトルである。

攻略雑感

これを意識すれば攻略が楽になるというものをまとめてみた。

全体回復が強い

全体回復の手段は必ずと言っていいほど必要である。

覚えるキャラは以下のとおり。

  • シャルロットがクラス2で覚える。
  • デュランがロードで覚える。
  • ケヴィンがウォーリアモンクで覚える。

ステータスアップが強い

雑魚戦・ボス戦共に効果を発揮する。

覚えるキャラは以下のとおり。

  • リースが光クラスで覚える。
  • ケヴィンの秘孔(攻撃力アップ)。

ステータスダウンが強い

主にボス戦で効果を発揮する。雑魚戦だと敵ごとに使わなければならないので面倒。

覚えるキャラは以下のとおり。

  • シャルロットのネクロマンサーで覚える。
  • ホークアイが闇クラスで覚える。
  • リースが闇クラスで覚える。

ブラックマーケットを活用する

全体回復・ステータスアップ・セイバー(一部除く) 魔法 はブラックマーケットで購入できるアイテムで代用可能。必要な物は購入しておく。

2回連続で必殺技が出せる 、二連必殺が強い

二連必殺のやり方は以下のとおり。

  1. クラス2以上の必殺技が出せる状態で、攻撃を空振りする。
  2. Bボタンを押しっぱなしにする。
  3. 1回目の必殺技が出た後、2回目の必殺技が出せる。

敵のカウンターに注意する

ほとんどのボスと一部の雑魚敵は、クラス2以上の必殺技や魔法にカウンターをしてくる。よってそれらの敵には一撃で倒せないのであれば使用を控える必要がある。ボス戦では必殺技はクラス1固定で戦う戦術が推奨される。

キャラ考察

各キャラおすすめクラスチェンジなどを考察してみた。

デュラン

デュランはステータス上では攻撃力が一番高い。光クラスでは回復を覚え、闇クラスではセイバー魔法を覚える。また、光クラスでは唯一盾を装備可能。

・パラディン(光光)

特徴は クラス3必殺が全体になることと、 セイントセイバーを覚えること。

盾を装備できるがあまり効果を実感できない。攻撃力も低く、ヒールライトも単発なので正直このクラスの有用性を感じない。

よってあまり使わないクラスである。

・ロード(光闇)

特徴は全体回復を覚えること。

盾を装備できるがあまり効果を実感できない。 しかし全体回復はとても有用である。

シャルロットやケヴィンの回復役がいない場合はおすすめクラスである。

・ソードマスター(闇光)

特徴は クラス3必殺が全体になることと、セイバー魔法(全)、 ムーンセイバー(単) 、 リーフセイバー(単) を覚えること。

セイバー魔法が効果的なのは神獣戦なのだが、クラス3になる頃には倒しきっていることがほとんどなので全体化できても今更感がある。 ムーンセイバーは全体回復キャラがいれば必要性は低いし、リーフセイバーを必要と感じたことは正直一度もない。 盾を装備できるがあまり効果を実感できない。

よってあまり使わないクラスである。

・デュエリスト(闇闇)

特徴は クラス3必殺が全体になることと、 デュランの中で一番攻撃力と魔法防御力が高いことである。

セイバー魔法(単)の使用は主にボス戦のみなのでブラックマーケットのアイテムで代用してもいいが、あるにこしたことはない。全体必殺技の火力が全キャラの中で一番高い。

個人的にはオーラウェイブの対象としてもよく使うおすすめクラスである。

ケヴィン

ケヴィンは圧倒的な攻撃力を持つこのゲームの最強キャラである。2回攻撃で、夜になると獣人化するので攻撃力が跳ね上がる。さらに獣人化状態でダメージを受けると自動で攻撃力アップが掛かる。

・ゴッドハンド(光光)

特徴はクラス3必殺が全体になることと、オーラウェイブを覚えること。

オーラウェイブは個人的に一番好きな技である。全体必殺キャラと組んで二連必殺を使わせれば雑魚戦はとても爽快である。

個人的にはケヴィンの中では一番よく使うクラス。

・ウォーリアモンク(光闇)

特徴は全体回復とリーフセイバーを覚えること。ケヴィンのクラスの中では一番攻撃力が低い。

シャルロットやデュランの回復役がいない場合はおすすめクラスである。

・デスハンド(闇光)

特徴は クラス3必殺が全体になることと、 ケヴィンのクラスの中では一番攻撃力が高いこと。 ちなみに、エナジーボールはバグのせいで意味のない魔法である。

ケヴィンの役割は火力なので一番のおすすめクラスである。

・ デルヴィッシュ (闇闇)

特徴は クラス3必殺が全体になることと、ムーンセイバー(単)を覚えること。

ムーンセイバーを掛ければ回復しながら戦うことができる。

全体回復キャラがいれば、 ムーンセイバーを使う必要はないのでデスハンドのほうがいい。

ホークアイ

ホークアイは2回攻撃をすることができ、様々な特徴的な技を覚えることができる。

・ワンダラー(光光)

特徴は様々な有用な技を覚えるが、基本性能が低いこと。

有用な技を覚えるが、クラス3になってもそこそこレベルを上げないと習得しない。また、他のキャラでも覚えるのでこのクラスで使う必要性をあまり感じない。

よってあまり使わないクラスである

・ローグ(光闇)

特徴?は様々な技を覚えるが有用なものはなく、基本性能も高くないこと。

はっきり言って不遇なクラスである。

・ニンジャマスター(闇光)

特徴は忍術(全)を覚えること。

ステータスダウンは基本的にボスに使うので全体技である必要はあまりない。

ニンジャマスターを使うよりナイトブレードのほうがいいだろう。

・ナイトブレード(闇闇)

特徴は クラス3必殺が全体になることと 、 忍術 (単)含み針(単) 凶器攻撃(単) を覚えること。攻撃力はホークアイの中で一番高い。

ステータスダウンは単発だが、基本的にボスに使うものなので問題ない。含み針(沈黙)は必殺の怖い敵に使うことで全滅を防げるし、凶器攻撃( ダメージ+最大HP -20% )はボス戦で威力を発揮する。また、攻撃力も高く全体必殺技持ちというのも評価が高い。

ホークアイのクラスはナイトブレード一択であり、おすすめクラスである。

シャルロット

シャルロットと言えば、唯一クラス2で全体回復を覚えるキャラである。パーティに入れることで攻略の安定感が抜群になる。ただし、攻撃力は低い。

・ビショップ(光光)

特徴はセイントセイバー、マジックシールド、ターンアンデットを覚えること。

セイントセイバーとマジックシールドは単体だし、ターンアンデットは敵よりレベルが高くないと効果がないので、じっくり育てることをしない限りはあまり使いどころがない。

よってあまり使わないクラスである。

・セージ(光闇)

特徴はセイバー魔法(全)が使えること。

セイバー魔法が効果的なのは神獣戦なのだが、クラス3になる頃には倒しきっていることがほとんどなので全体化できても今更感がある。

よってあまり使わないクラスである。

・ネクロマンサー(闇光)

特徴はブラックカースを覚えること。

ブラックカースは終盤のボスに効果抜群な魔法である。同時に攻撃力・防御力・魔法攻撃力・魔法防御力を下げることができるので、掛け直しも簡単である。

全体回復とステータスダウンが使えるおすすめクラスである。

・イビルシャーマン(闇闇)

特徴はアンティマジックを覚えること。

アンティマジックはブラックマーケットで買えるスペクターの瞳で代用できる。

よってあまり使わないクラスである。

リース

リースは光クラスならステータスアップ、闇クラスならステータスダウンを使えるキャラである。また、リースがいれば風神の腕輪(沈黙無効)を買うことができる。

・ヴァナディース (光光)

特徴はクラス3必殺が全体になることと、フレイアを覚えること。

雑魚的を無力化させるフレイアは強いが、最大の欠点はステータスアップ技が単体なことである。一人ずつ掛けるのは面倒なうえに、終盤のボスは無効化してくるので掛け直さなければならない。

よってあまり使わないクラスである。

・スターランサー(光闇)

特徴はステータスアップ(全)とマルドゥークを覚えること。

ステータスアップ(全)の恩恵はでかい。一人ずつ掛けるのは大変で、終盤のボスは無効化してくるので掛け直さなければならないからだ。また、 マルドゥーク (ダメージ+沈黙)もなかなか強い。

リースを使うならスターランサーと言ってもいいくらいおすすめクラスである。

・ドラゴンマスター(闇光)

特徴はヨルムンガンドを覚えること。

ステータスダウンが単体なのは構わないが、唯一の特徴である ヨルムンガンド(ダメージ+毒)が あまり強く無い。

あまり使わないクラスである。

・フェンリルナイト(闇闇)

特徴はステータスダウン(全)とラミアンナーガを覚えること。

ステータスダウンを全体で使えはするが、基本はボス戦で使う技なので単体とあまり変らない。 ラミアンナーガ (ダメージのみ)もあまり強く無い。

ステータスダウンを使うキャラがいない場合は使うこともある。その場合はドラゴンマスターよりはフェンリルナイトを選んだ方が少し強い。

アンジェラ

アンジェラは攻撃魔法専用キャラである。しかしこのゲームでは魔法に対するカウンター攻撃があるため、攻撃魔法は有用ではない。また、いちいち魔法を使うのはテンポが悪いと感じることも多い。よってアンジェラはこのゲームでは最も不遇なキャラである。

・グランデヴィナ(光光)

特徴は上位の攻撃魔法とダブルスペルを覚えること。

アンジェラ自体を使わないのでこのクラスを使うこともあまりない。

・アークメイジ(光闇)

特徴は上位の攻撃魔法とレインボーダストを覚えること。

アンジェラ自体を使わないのでこのクラスを使うこともあまりない 。

・ルーンマスター(闇光)

特徴はデス・スペルを覚えることだが、対象よりこちらのレベルが高くないと効果がなく、そこそこレベル上げをしないと使いどころがない。

アンジェラ自体を使わないのでこのクラスを使うこともあまりない 。

・メイガス(闇闇)

特徴は上位の攻撃魔法(単)とエインシャントを覚えること。

エインシャントは魔法攻撃力を上げて放てば雑魚を一層できる。しかし、演出はとても長い・・・

アンジェラ自体を使わないのでこのクラスを使うこともあまりない 。